「どう使えるの?」「効果はあるのか?」といった視点から

CoREFへようこそ

活動コンセプト

前述した「移民ストック」といった理論の応用も必要になるであろう
カルロスゴーンを関空から連れ出した「元グリーンベレー」のハードボイルドすぎる人生(黒井文太郎)

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

私たちには何ができるだろう?市の中止事業を市民で実現する【地域の自立】
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
不況期=縮小」という景気動向のみで人口移動を判断するには

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

ほとんどのモデルはスカウトされてモデルになる

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

長時間自分の部屋でビデオゲームをして過ごしていた

日本の制度と自らのアイデンティティの間で揺れ動きながらイラン人たちは自分の将来を決めていくこととなる

UT‒eTEXT

CoREFについて
パンフレット/リーフレット
問い合わせ先

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

主に出稼ぎを目的とするイラン人が移入し始めた頃からそのピークまでを移入期として区切ることとする
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

一日中私を追いかける人たちをどうやって撃退するか見つけ出すのに1時間かかることもある

2012年より各地域のプロジェクトに携わり

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

1974年から渡航の際には査証不要の相互査証免除協定を結んでいたことも大量移入の背景にあった

今や「カーダシアン」という名前は何かの象徴

産学界・学会との連携

学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

日本イラン関係は外務省の見解としても「良好」であり

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

乾燥による小ジワなども気にならない状態に整える

地域をフィールドにした活動や人物ルポを雑誌やウェブで執筆

NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

出稼ぎ熱の高まりと日本の好景気が密接に関連していることが指摘されている

著書に『Local Life Book 暮らしをつくる』(技術評論社)『ほどよい量をつくる』(インプレス)

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについては強運をつかむアイブロウの描き方──ラウンド眉編

フランクリンミントダイキャスト1 : 48アーマートルネードタイガーNo . 17 SQN B 11 E 403