使わなかった食品を廃棄した2大理由は「食品の劣化」と「消費期限賞味期限切れ」だった(農林水産省「平成21年度食品ロス統計調査報告」から作成)

CoREFへようこそ

活動コンセプト

翌年には作り置きの常備菜まで長持ちさせる機能を追加
2011年に発表された国際連合食糧農業機関(FAO)の報告書によれば

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

次の方法を試してみてください」(若子さん)
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
カタリバは子どもたちへの支援活動をまずは来年3月まで継続することに決定いたしました

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します

作り置きのカレーもその日に食べたい分だけをすくって解凍でき

UT‒eTEXT

CoREFについて
パンフレット/リーフレット
問い合わせ先
市内の食品ロスは1世帯4人で年間6万円分に相当するそうです

7%…日本の諸外国への親近感の実情をさぐる(2019年公開版)(不破雷蔵)

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

パナソニックでは“7日間サイクル”の考え方を冷蔵庫やオーブンレンジそのものに導入
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

AI(人工知能)によって企業の多様なデータを分析し

これは世界で生産される食糧のうち約3分の1を占め

使い方キット(定番教材)

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

月曜から金曜にかけて冷蔵庫にある食材を使い切る

自分の感じていた危機感はすでに待ったなしの状況であることを確信

産学界・学会との連携

学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

忙しい共働き世帯が無理なく自炊生活を続けていく方法として

学習科学とは

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

トルコのクルド人攻撃などで両国の確執が深まるなか

日々インターネットを使いながら会議を開いています

NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

2人の専門家が口をそろえたのは「買いすぎないこと」と「7日間のサイクルを作ること」だ

彼らと共に学びの機会と居場所の提供を通した心のケアを行っています

以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについてはのショーにはデニムパンツをチョイスしカジュアルな雰囲気を演出した

ポケモンフェルライアター12 / 165遠征ホントPSAジェムミント高速船!